神戸名物!脂のりのりメクリアジ!

みなさんご存じでしょうか?

神戸には、「メクリアジ」という魚が存在します。
釣りをする方なら、一度は釣ってみてほしい魚No1です。

 

「メクリアジ」とは??

「マアジ」のことなのですが、その中でも「非常に脂がのった」アジのことを指し、神戸沖や淡路島の大阪湾で釣れる魚です。

つまり「メクリアジ」といった魚がいるというよりも、「マアジの状態」により「メクリアジ」と呼んでいる、ということですね。

特にこの季節(初夏)が一番美味しいとされています。
高級料亭に降ろされるため、市場に出回ることはない、ともいわれています。

 

釣れる場所としては、「瀬付きアジ」と言われ、瀬(海底の変化、深いポイント)に着き、広く回遊しておらず、ピンポイントでしか釣れない魚とされています。

要は“出不精で、運動不足で太っちゃってるマアジ”というわけですね^^。

 

ピンポイントを狙う釣りなので、基本は船で釣る魚です。

とはいえ、全く回遊していないわけではないので一文字などで釣れることもあるようですが、やはり食べる分だけ釣ろうと思うと、船釣りがおススメです。

 

今回は、神戸港出船の遊漁船 RISE - ライズ -さんにお世話になりました!

 メクリアジの釣り方は基本、サビキ釣りです。

防波堤でするサビキ釣りと基本は同じ『仕掛け+カゴ+アミエビ』ですが、サイズ感が変わってきます。今回は

 

■仕掛け(ハヤブサ ツイストスキン ケイムラレインボー9号)

■カゴ 30号

プラスチックのカゴより鉄をおススメ。
アミエビが出すぎる場合に、カゴをつぶして使えます。

■エサ(アミエビ)

 

■ダイワ ライトゲーム X 73 MMH-190

竿は、アジの口キレを防ぐため、やわらかめの竿をチョイス。

ライトゲームXシリーズは、ルアーロッドのように使える船釣り用の竿で、使い勝手抜群です。

 

 あとは、仕掛けを落としてアジを釣るだけなのですが・・・とにかくメクリアジはピンポイントの魚。

船は基本流されていますので、船長の「はい、今!」に合わせて仕掛けを落とすことが、釣果UPのポイント。

「メクリアジ」は今年生まれたアジではないため、サイズも25cm前後が基本です。

今日は最大30cmのアジが釣れました。
引きも存分に楽しめますよ~~。

 

 

この日はどうやらアタリ日。

最初のポイントからバンバン釣れてくれました!!

こうなるとこっちのものです。釣れるときは、とにかく手返し良く釣ることが大切です🎵

『自分だけが釣れない』『食いが悪い』

そんな時、注意してみるポイントは以下の3つです。

●エサ(ちゃんと入っているか)
●タナ合わせ(ちゃんと底まで仕掛けを落としているか)
●ゼロテンション(仕掛けのテンションを張りすぎていないか)

 

3人で34匹釣ったところでストップフィッシング。

ポイントを変えればまだまだ釣れる可能性はありますが、今回は食べる分だけ(なんと2時間)で終了しました。

船長がチャッチャカと神経締めまでしてくれます☆
完全に美味しい状態でお持ち帰り可能🎵

 

家に持ち帰り、さっそく捌いて中身を確認。

おっ、卵もってますね!?
でも、卵周りの白いものは、脂です。

皮と身の間がつやつやしていますヨ。

2日ほど熟成させて刺身やなめろうでいただきました。

脂がのっているので、身はやわらかく、ねっとりとした食感。

アジですから、味も間違いありません🎵

今回は卵も持っていたからか、脂のノリはソコソコ(※過去最大の脂のノリと比較)でしたが、それでも、堤防からは釣れないメクリアジの美味しさを堪能することができました。

 

ぜひ、みなさんもメクリアジ、チャレンジみてくださいね!!

おススメの季節は、5月頃~9月頃。

 

※ちなみに過去一番すごかったメクリアジの脂はこんな感じです。

きっと釣れる場所、時期によっていろいろな脂のノリ方をしてくるんだと思いますので、その辺もぜひ楽しんでみてほしいです🎵🎵🎵