大阪湾のアジングマニアが開発した「徹湾ライトプレミアム」

大阪湾のルアーフィッシングが好きな方々、ルアーを始めたばかりのビギナーの方々にぜひ読んでもらいたいAZZURRO MAGAZINE。

今回はリクエストをたくさんいただいていた「アジング」について。

今回も「必読」な内容ですよ!

フィッシングマックスのアジングマニアの1人、谷岡が開発したワームを紹介します。初心者の方向けのアドバイスも交えながら紹介しますね!

現在は、フィッシングマックスWEBショップに配属された谷岡

 

今期発売開始予定!

→いよいよ発売開始!徹湾ライトプレミアムのご購入はコチラ」

新製品「徹湾ライトプレミアムワーム」

ー:新製品「徹湾ライトプレミアム」を作ろうと思った理由やこだわりは何ですか?

谷岡:「徹湾ライトプレミアム」は断面が三角形のアジング用のワームです。僕はもともとアジングが大好き。もっと釣れるワームが欲しかったし作りたかった!だから釣りをしながらアジに特化した製品を開発できないかなといつも考えていたんです。このワームは「Swim」と「Dart」の2パターンの釣り方に対応できるのが特徴です。カラーは10色展開。定番のカラーだけでなく私のオススメカラーを選びました。どれも大阪湾で実績のあるカラーです。

 

 

実は、過度な「Dart」をあえてしないようにしたのがポイント

ー:「Swim」と「Dart」の使い分けの基準は何ですか?

谷岡:釣り方はその日のパターンによっても変わってきます。基本的にまずは誰でも簡単にできる「Swim」。つまりただ巻きですね。これで反応がなかったら次に「Dart」に切り替えてみてください。「Dart」にすることで波動が生まれるのでアジが波動に反応して寄りやすくなりますよ!実は「Dart」し過ぎるとよくないんです。そのため過剰に「Dart」しないようにデザインしました。動きすぎてしまうと反応できないので尻尾付近にリブを付けることで「Dart」幅を抑える工夫をしています。

 

:推奨ジグヘッドはありますか?

谷岡:一般的に使用される「Swim用」「Dart用」のジグヘッドでも問題なく使える設計になっています。どちらでも利用できますし、その日の状況に合わせてワームを少しちぎって使うなどしてもらっても大丈夫です。

 

一例としては、デコイのデルタマジックSV-51も使いやすいジグヘッドですね。

 

ー:未経験の方にとってはアジングは難しい?

谷岡:そんなことないですよ。昔は竿やリールも専用のものがなくて難しかったときもありました。でも今は初めてアジングをされる方にとっても使いやすいタックルがたくさんあります。やはりアジング専用ロッドから選んでほしいですね。リール、ライン、ロッドのバランスは重要になってきます。わからないことがあれば店頭でスタッフに聞いていただきたいですし、ネットショップでは「釣りアシスタントシステム」もあるのでなんでも質問してほしいです!ぜひ今回紹介した「徹湾ライトプレミアム」を使ってみてください。ジグヘッドを付けてゆっくり巻くだけ。僕の自信作です!大阪湾のアジングの頼れる相棒に選んでほしいですね!

 

ー:谷岡さんありがとう!皆さんいかがでしたか?次回もお楽しみに!

 

→いよいよ発売開始!

「徹湾ライトプレミアムのご購入はコチラ」

→アジング関係の商品はこちら

1件のコメント

  • Tast

    テスト

コメントを残す

2023年新製品